2014年07月21日

小菅ヶ谷大会L-A(2日目)

雨天順延等で最終日までかかりましたが、昨日無事L-Aも小菅ヶ谷大会全試合を終えることができました。

1試合目 vs 小山台SC  1 - 3 負け 得点: ユウスケ

前半はキョウスケ、ヤスの2ボランチ、トップ下ソウヘイ、トップにユウスケの4-2-3-1で臨み、攻守ともよいプレーがありました。とくにつなぐプレー等も意識的にできるようになりましたが、なかなか得点を決めきれず0-0で折り返し。

後半から1ボランチ、2トップの4-4-2として攻撃を厚くしましたが、ディフェンスの左右のバランスが崩されたところで立て続けに2失点、カウンターからユウスケが1点返した後に、ゴール前FKのチャンスもありましたが決めきれず、逆に終盤ゴール前FKを決められてしまいました。

試合後、選手に対して、プレー云々ではなく試合へ臨む姿勢、試合中の言動について叱りました。

まずは爪切り。些細なことですが、試合に臨む意識がちゃんとあれば、爪を切ってくるのは当たり前です。ただ今回複数選手が爪をきっておらず、試合開始や出場への遅れとなりました。

SL時代からずっと言われてきてもう6年生、何度も言われてきているのだから、「明日は試合」と意識して自分で切ってきてほしい。

次に試合前、到着してアップ前の着替えをし始めていたとき、小山台SCさんの選手たちは着替え前でグランド準備を手伝い中、ところが、まだサンダースの選手が着替えが終わらない(ユニフォームにも着替えていないのに)状況で、小山台SCさんは全員ユニフォームに着替えてアップで全員揃って走り出していました。

試合に臨む姿勢があれば、おしゃべりしながらダラダラと着替えるようなことはないはず。

最後に試合中の言動、負けていて焦ったり熱くなっている気持ちは分かるが、掛ける声が汚い、キツイ。言われた本人は委縮してしまって積極的なプレーができなくなってしまう。

ボールに関わろうとすれば「邪魔するな!」、相手ボールをとれなければ「なんでボールに行かないんだ!」じゃ、どうすりゃいいの? 

ある選手がシュートが打てなかったシーンでベンチ側から見ててもシュートコースがないから仕方ないか、と思うようなプレーで、遠目の選手から「なんでシュート打たねえんだ!」と。おい、状況分かって言ってんのか?

自分が同じように言われたらどう思うだろうか、つまんないサッカーになるんじゃないのか?そりゃ失敗することもあるし、熱くなっていることも分かる。文句言うくらいだったら、まず助けに行ってやろうよ、

同じチームの選手なんだし、もっとみんなをリスペクトして、前向きな言葉を掛けられるようにしようという話をして、少し時間を与えて選手たちに考えさせました。

指導の上での意識づけ、ベンチでの言動の上では自戒の念もあります。

21日のFC南台さんとの練習試合では気持ちを切り替えて、みんなで盛り上げていきたいです。
posted by FCサンダース U-12 at 05:44| 神奈川 ☔| Comment(0) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小菅ヶ谷大会L-A(​1日目)結果

7月12日に開催された小菅ヶ谷大会L-Aの結果です。

1試合目 vs 西本郷FC  0 - 2 負け

2試合目 vs FCイーグルス 2 - 1 勝ち 得点: ユウスケ2

雨天順延で久しぶりといいますか、やっと開催となりました小菅ヶ谷大会初戦。

晴れたり曇ったりの天候でしたが、暑さは変わらず。近場であったこともあり、たくさんの保護者の皆様に応援に駆けつけていただきました。暑い中本当にありがとうございます。

市大会終了後からチームでいろいろと取り組んだ、パスをつなげる動きなど、パワーアップしたプレーを見せてくれると期待していましたが...

残念ながらパスもほとんどできず、市大会時のはつらつとしたプレーすら見られませんでした。

初戦の西本郷FC戦は、なんとか後半途中まで無失点で踏ん張っていましたが、自陣でのプレーが多く、なかなか相手チーム陣にてプレーをさせてもらえません。後半相手が前線を厚くしたところで、右サイドから失点、その後まもなく同じような形で2失点目と、最近テレビで見たようなポンポンと失点してしまいました。

2試合目も、なかなか前線でボールをキープできません。というかパスの受けるための周りの選手の動きがないため、パスがつながらない、ほとんど相手ボールをカットしてはカウンターの形での攻撃でした。

相手に先制されるも、前半終了間際にカウンターで追いつき、後半同じような形でのゴール。

なんとか勝ちましたが、正直練習でやってきたことを意識的にできたところはほとんど無かったかなと。むしろ相手のイーグルスの方がうまくパス回しができていました。

暑かったのかもしれませんし、久しぶりの試合だったのでモチベーションがなかなか上がらなかったのかもしれませんが、失敗してもよいので、もっとトライしてほしかったなと。

もちろん、よいプレーもありました。ソウタの素晴らしいセーブで2,3点は防いでいましたし、ボランチのキョウスケがダブルタッチでボールキープ、足技がしっかりしてきたことは新しい発見でした。

ただ、多くの場面でヘディングでのクリアを避ける、トラップもアタフタしてるし、パスもしっかりした強さで蹴れない、周りが見えていないので、パスコースを探しているうちにボールを取られてしまう、オフザボールの動きはどこへいった・・・

練習ではできるようになったことが、どうしたらもっと選手たちが試合でトライするようにできるだろう?とコーチとして反省踏まえ考えております。
posted by FCサンダース U-12 at 05:37| 神奈川 ☔| Comment(0) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする